トップページへ

・・あらすじ・・
ある知的障害者施設にいる仲良しの2人が、テレビで映画「ハリーポッター」のコマーシャルを観て、映画に行きたいと職員に訴える。しかし断られてしまい、2人は悩み、戸惑う。 そんな時謎のオンブマンが現れて・・・オンブマンに勇気をもらい、またオンブズパーソンという存在を知っていく・・・

“オンブズパーソン”って何?

第1弾
 「はばたくときは、今。」
・・・あらすじ・・・

 ここは、とある知的障害者施設。僕の名前は、小笠原恭太郎。
職員には内緒だけど、僕は秋葉原に行きたいと思ってる。
そんでもって、メイドカフェに行きたいと思ってる。
 でも、職員の和田さんと山岡さんに「障害者自立支援法が
始まって大変だから駄目だ。」って言われるんだ。
 そこに突然、オンブちゃんというメイドのコスプレをした
可愛い女の子が現れて・・・僕の悩みを聞いてくれて・・・。
 えっ?オンブズマン? オンブズマンって、どんな人?

・・あらすじ・・

 ここは知的障害者施設ほりごた学園。施設利用者の森里真菜はグループホームに興味を持つ。
 親友の佐藤みゆきと共に、職員小松・城ヶ崎・カメリーナ・謎の人物グランパ等個性的なキャラクター達との交流の中で、自分で選ぶことの大切さを知る。
 そして、自分の扉を開けて新たな一歩を踏み出していく・・・

第3弾
「ひらけー、とびらっ!」

「ここは、とある知的障害者施設。施設利用者の佐藤優子は、日頃から職員の決める外出に疑問を持っていた。
 『どうして自分の行きたい所に行っちゃいけないの?』そこに現れた奇妙な人物C.W.ニコスに自由な世界“フリードムランド”へと案内される。 そこは確かに何でも自由に選べる世界だったのだが、優子はその世界に不安と戸惑いを覚える。一方職員の三木じゅん子もそんな優子を見て自分のやるべきことを見出せずにいる。 そんな二人の前に救世主?洪健子が登場し・・・。
 福山みどり・山田ケイコ・謎の人物シエンマなど個性的なキャラクターがこの芝居を盛り上げる。果たして、それぞれの“探し物”は見つかるのだろうか?・・・」

第2弾
 「探し物はなんですか?」
  〜フリードムランドへようこそ!〜
サラリーマンの越前清は冴えない熱血漢。ある日相模原に黄色い煙が蔓延し、食中毒患者が激増した。 黄色い煙を吸った若者の八城みちるも「手洗いうがいをするのが、面倒くさい!」と汚れた手でおにぎりを食べ、食中毒になってしまう。 黄色い煙を蔓延させたのは相模原を乗っ取ろうとするバイキンガー女史とバイケル1世だった。 越前清の怒りが頂点に達すると、TEAライダーに変身し、バイキンガー女史とバイケル1世に立ち向かう。
「一人にしておけない」
っていう思いがとっても
大切にゃ〜!
その思いをいろいろな
役割の人たちと共有して、
地域でサポートしていく
ことが大切なんだにゃ〜!

「市民後見人」って何?

認知症のお年寄りや、
障害がある方が
住み慣れた我が家で
安心して生活できるように
する為に、地域密着型の
市民後見人の役割を
わかりやすい
お芝居にしてみました。